「ながら動作」をやめてみませんか

「○○をしながら、△△をする」

ということ、よくありますね。

たとえば、学生時代だと、「ながら勉強」していた方、いらっしゃるでしょう。
ラジオの深夜放送を聞きながらとか、BGMを聞きながら、とか。

さて、ビジネスにおいては、
この、何気なく「○○をしながら、△△をする」というのが、
相手の気持ちを損ねたりする場合があります。

朝。
部下の「おはようございます!」っていう元気な挨拶に
書類から目を離さないで、「おはよう」と、気のない挨拶で返してしまう。

「お話してもよろしいですか?」という声がかかったのに、
パソコンのキーボードに手を置いたままで「いいよ。話して」と答える。
さすがにパソコンを打つ手は休めていても、手は、キーボードに置いたまま。

部屋を出ようとドアノブに手をかけたところで、
「あ、課長すみません」と声をかけられ、
声の方向に振り向くけれど、手はドアノブにかけたまま。

いかがですか?
想像してみてください。

もしもあなたがこのそれぞれの場面の部下の立場だったら、
こんな上司に、モチベーション高く、話ができるでしょうか?

目を見て話さなければ気持ちは伝わらないし、
手を休めただけでは、
話よりも気持ちはパソコン、話よりも気持ちはドアの外
という風に伝わってしまうのです。

そんなつもりでなくても、そう伝わってしまったら残念です。

やっぱり、挨拶は、相手の目を見て、笑顔で、
そして「名前を呼んで」したほうが気持ちいいし、
パソコンのキーボードから手を離して話を聞いたほうがいいし、
顔だけ、相手のほうも向くのではなくて、
体ごと正対したほうが、ず~っとコミュニケーションはとりやすいですよね!

「ながら動作」をしていないか、気をつけてみましょうね!

あ、、、、

ちょっと、思い出したら、冷汗が・・・

娘が3~4歳だった時、
冷蔵庫の野菜室(一番下の引き出し式のところ)を「膝でしめて」いたのです。

しまった!

わたしの行動を見ていたんですね。

わたしが野菜などを一度に取り出して、手がふさがったときに、
ちょっと膝をお借りして?!しめていたのを。。。。

やっぱりいけません。。。

手がふさがっていたら、いったん野菜を置いてから、手でしめなきゃ。

これも「ながら動作」????ですかね~

反省しきり、でした。

あなたもご注意を!
見ていますよ~!だれかが!

DVD教材【ビジネスマナー講座】のご紹介

社会人の基礎教育として必須のビジネスマナーを、わかりやすい映像を見ながらご自宅でお好きな時間に学べるDVD教材です。

【DVD監修・出演】
有限会社 キャリア・サポート代表取締役
三厨 万妃江

人気の商品です!

01【ビジネスマナー講座】挨拶・身だしなみ編

【挨拶・身だしなみ編】9,720円(税込) 収録分数:30分
詳しくはこちらから>>>

こんな方におすすめです

社員のスキルアップをしたい
研修をやりたいが予算、日程などが合わない
入社前にマナーを学んでおきたい
転職前に復習をしておきたい
新入社員を教育する時間がない

DVD学習のメリット

L自宅、会社、会議室等、どこでも好きな場所で学べます
いつでも都合がいい時間に、繰り返し何度でも学べます
見たいシーンだけピックアップして確認もできます

●DVD教材は、有限会社キャリア・サポートが販売を行っています。
特定商取引法に基づく表記はこちら

DVD教材【ビジネスマナー講座】全8巻セット

社会人の基礎教育として必須のビジネスマナーを一通りマスターするための上記のDVD全8巻をセットでお届けします。わかりやすい映像を見ながら、好きな時間に繰り返し学べるDVD教材です。

【全8巻セット価格】¥77,760 (税込) ※内訳 ¥9,720 (税込)×8巻 送料無料
詳しくはこちらから>>>

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:私がビジネスマナー講師になりたいと思った理由

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること