腕時計をしないのは、マナー違反って知っていましたか?

人生を変えるマナー』著者の三厨万妃江(みくりや まきえ)です。

社会人になって、会社から「腕時計を着用しなさい」と指示され、なぜ?と思っている新入社員の方はいらっしゃいませんか?

学生時代は、時計なんてしたことがなかったし、時間はスマホを見ればわかるのに、なぜ時計をしなければならないの?必要あるの?と疑問に思ったことでしょう。

確かに、今までつけていなくても何の不自由もなかったのに、なんだか余計なものをつけるようで嫌だなあ、と思うかもしれません。

また、わざわざ買ってまで時計をつける必要を感じない方もいらっしゃるはずです。

しかし、腕時計をしないのは、マナー違反です。

なぜ、マナー違反なのか、事例にそって解説していきますね。

たとえば、お客様との商談中に、必要があって、あなたが時間を確認するためにスマホを見たとしましょう。

あなたにとっては必要な行動だとしても、お客様の中には、もしかしたら

「私と大切な話をしているのに、なぜスマホを見るんだ!メールでも見ているのか?感じ悪いなあ。失礼だなあ」

と、誤解する方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、あなたは時間を確認しただけで、メールを見たわけでも、お客様を軽んじたわけでもありません。

まして、相手を不快にさせるつもりなど、毛頭ないはずです。

それがマナー違反になるかも?なんて思いもしなかったことでしょう。

このようにして、大切な商談が、誤解によって悪いほうに向かってしまうのは残念なことです。

自分にそんなつもりがなくても、結果として相手にそう思わせてしまうことでビジネスマナー違反となる。

そんなことがないようにしたいものです。

相手を不快にさせてしまわないように、腕時計を着用するのがマナーです。

 

逆に、業務中は時計を着用してはいけないと言われた方もいらっしゃるはずです。

職種によっては「安全面に配慮する」と理由で禁止している場合もあります。

医療関係の方、製造業の方などは、こちらん該当する場合が多いものです。

職場で決まっている場合は、その職場のルールに従ってください。

「安全面に配慮すること」はその業界においては、最重要視されるビジネスマナーです。

とはいえ、こうした職種の方もその業務を離れ、スーツを着用するときがあるはずです。

そのときは、思い出してくださいね。

相手を不快にさせないために「時計着用が必須」です。

ビジネスマナーは、相手を大切にしている気持ちを形にしたもの。

気持ちは相手に見えないので、行動で示していきましょう。

 

三厨万妃江の著書『人生を変えるマナー』は、いかがですか?

ビジネスマナー講座DVDの監修・出演者である、三厨万妃江の著書『人生を変えるマナー』は、もう読まれましたか?

さまざまな企業様で、ビジネスマナー教材としても、導入していただいている書籍です。

ぜひ、ご一読ください。一生使えるマナーの道標としていただけたら幸いです。