習慣が行動力を育てる


近頃の若者は・・・なんて言われますが、

捨てたものじゃないなあと思うことがあると、

うれしくなります。

電車の中で何度かありました。

「席を譲る」って場面で。

 

一度は、地下鉄の中。
私の隣には高校生男子くん。

そこへご高齢の女性が乗っていらっしゃったので、
私が席を譲ろうと立ち上がった瞬間が、
なんと!高校生男子くんとまったく同時でした。

そのあとがよかったのです〜。

男子くんはまず私に、手のひらで

「どうぞ座ってください」と合図し、
そのあと、自分の席をその女性にゆずりました。

私は「ありがとう」といって、座りました。

 

女性は次で降りますので、と辞退しようとなさいましたが、
すでに男子くんは少し離れたところに移動していましたので、
私から女性に、
「せっかくですから、おかけになってはいかがでしょうか」と
声をかけたところ、笑顔でお座りになりました。

 

次の駅で私が降りるとき、男子くんの横を通ったので
会釈をしたら、会釈が返ってきました。

さわやかです!
これこそ、イケメンです。

 

もう一回は、東京の山手線で。

少し足の悪そうな高齢の女性が、

重い荷物を持って、階段を降りにくそうに
していらっしゃったので、
「お手伝いしましょうか」と声をかけ、

荷物をお持ちしました。

 

そして山手線に乗り込んだら、やっぱり高校生男子くんが
すぐに!立ち上がって、席を譲ってくれたので、
その女性は座ることができました。

 

その女性は、品川から東京駅までの短い時間に話してくださいました。

93歳のお義母様が危篤で故郷にお帰りになること、
礼服のサイズが合わなくなっていてあわててサイズを直したこと、
家を空けるので、家族のためにカレーライスを作ってきたことなど。

すわって安心なさったのか、見ず知らずの私にいろいろお話になりました。

気づいたときには高校生男子くんが見あたらなかったので
もう降りてしまったようです。

お礼が言えなかったなあ。。。

 

ふたりの高校生男子くんは、
一言も発しないで、行動で、それもかなりすばやく、示してくれました。
きっと、いつもそんな風にしているんだと思います。

席を譲ろうと思う人、譲ったほうがいいと思った人は
きっとたくさんいらしたと思います。

でも、譲れる人はひとり。
行動した人だけなのですね。

その場に居合わせただけでも、とってもあたたかい気持ちになりました。
素敵な行動は、周りの人も幸せにするのだと思います。

荷物を持った件。
決して自慢話とかそんなんじゃないんです。

それは、遠い昔、私が荷物を持っていただいて助かったことがあったからです。

子供が小さかったころ、ベビーカーをもって階段を下りるのが大変だったときに、
やはり助けていただいたことがあります。

本当にありがたく思いました。

だから、ベビーカーを持っているお母さんを見かけると、
よほどの大荷物を持っていない限り、お手伝いします。

ですから、今回の荷物を持って差し上げたことはその延長線なだけです。

こういうのを「恩送り」って言うそうですよ。

誰かから受けた恩をその人に返すのではなくて、
別の人に返すこと。

ありがたい体験があるからこそ、「恩送り」ができる。
それは幸せなことです。

「席を譲る」ことも「恩送り」も、誰かのために、というより、
自分が幸せな気持ちにさせていただけるのだなあ、としみじみ思います。

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法を
わかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、
社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:私がビジネスマナー講師になりたいと思った理由

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること