プロ講師になれる人、なれない人

今まで、プロ講師養成を20年近く行い、たくさんの受講者を見てきましたが、プロ講師になって結果を出せる人とそうでない人の違いはなんだろうと考えてみました。

大きく3つの要素に分けられると思いましたので、今日はまず2つを紹介します。

1.受講すると決めた時点で、必ずプロ講師になる!と決めている人。何が何でも一人前になると決めている人。こうした意気込みの人はうまくいきます。

逆に「できたらいいな~」ぐらいに思っている人は、うまくいかないようです。

前者は多少の苦難は乗り越えようとがんばりますが、後者は、もっと簡単に講師になれると思っていたのに、という気持ちが働くのか、大切なところでがんばりがきかないようです。

2.指導講師からのフィードバックを素直に受け入れる人は、うまくいきますが、そうでない人はなかなかうまくいきません。素直さは能力だといわれますが、学ぶとは「まねる」こと。まずは、いわれたことを受け入れて素直にやってみることが大切です。

プロになるのですから、生半可な努力ではうまくいきません。

指導講師の方も真剣に取り組みますので、ロールプレイング実習は、思いがこもった厳しい指導になります。

その人のよいところが活きるように、一人前のプロ講師になれるようにと思うと、指導講師も、フィードバックに自然に力が入ります。もちろん、厳しいコメントも伝えます。

うまくいく人は、こうしたフィードバックはされて当たり前、ありがたいと受け止められる人です。

「できたらいいな~」ぐらいの決意でのぞむ人は、なかなかフィードバックを素直に受け入れられないようです。

自分は、もっとできるはずと思って練習を怠ったり、プロから見たらまだ全然できていないレベルなのに「これで十分できている」と思い込んで、自己流を曲げなかったりするのです。

こうやってみるとこの2つは「意思」や「意識」の問題が大きいですね。

どんなことでも「素直に取り組み、練習を怠らない」人が伸びるもの。

プロとして結果を出したい方は、ぜひこの2つを頭に入れておきましょう。

このままで私、いいのかな?と思っているあなたへ

この先、仕事の展望が見えない。今の仕事をこのまま続けていても大丈夫だろうか?
もしも今、「5年後の自分の姿」が描けなくて悩んでいるのならば、1つご提案があります。

このような悩みの解決策の1つが「プロ講師になること」。講師は、女性が年齢を重ねても、キャリアがつみあがっていく仕事であるからです。

以下にひとつでも当てはまる方は、まずは、ビジネスマナー講師養成コース説明会へご参加ください。

●ビジネスマナー講師にご興味がある方
●本物のプロ講師になりたいという方
●プロ講師がどんな仕事なのか具体的に聞いてみたい方

受講生の感想なども説明会でお話しさせていただきます。直接、私とお話しましょう。
本気で講師になりたいあなたのご参加をお待ちしております。

mikuyiya2

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:私がビジネスマナー講師になりたいと思った理由

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること