笑顔で挨拶するためのたった一つのコツ

「こんにちは」「いらっしゃいませ」など、挨拶の言葉はたくさんあります。

これらの言葉が笑顔ででできると、挨拶をしてもらったほうは、とっても気持ちがいいですね。

「笑顔+挨拶の言葉」

これを実践し続けるためのコツがあります。

それは「まず笑顔になってから、次に言葉を発する」です。

たとえば、「おはようございます」や「こんにちは」は「お」という母音から始まります。

「お」を母音にする言葉を発するときの口の形はどうなっていますか?

口をすぼめるような小さな口で発しますね。そのときの表情はいかがですか?

 

そうなのです。

残念ですが笑顔ではありません。

 

それは、口角が横に開いたり、上がったりしていないからなのです。

つまり、「お」から始まる言葉は、無意識では笑顔にはならない、
ということです。

ですから、意識する!ことが大切。

 

そのために

「まず笑顔になっておいてから、それから言葉を発する」

ということを、習慣にしましょう。

 

せっかく笑顔で挨拶が大切!とわかっていても、無意識では実践することはできないということ。

意識して実践し、習慣にしてしまいましょう。

まず笑顔!そしてそのつぎに言葉を発する。

ニッと笑ってから挨拶!です。

 

三厨万妃江の著書『人生を変えるマナー』も、いかがですか?

ビジネスマナー講座DVDの監修・出演者である、三厨万妃江の著書『人生を変えるマナー』は、もう読まれましたか?

さまざまな企業様で、ビジネスマナー教材としても、導入していただいている書籍です。

10冊以上ご注文の場合、サイン入り書籍をお送りすることも可能です。