「相手の立場に立つ」ことを実感した忘れられない思い出

いまでもその日の出来事を鮮明に思い出す、地下鉄の駅があります。

名古屋駅から地下鉄東山線で1区。「伏見駅」です。

もうずいぶん前のことですが、

伏見駅の地下鉄入り口のところで、
お年を召したおふたり(後にご夫婦とわかりました・・・)から、

「すみません、名古屋駅へ行くバスはどこから乗ればいいのですか?」
と、聞かれました。

 

地下鉄入り口で聞かれたものですから、
地下鉄のほうが便利だと思い、

「こちらが地下鉄の入り口ですから、
名古屋駅でしたら、ここから地下鉄にお乗りになるのが
便利で早いと思いますが、・・・」
と、私は答えたのです。

 

おふたりのうちの男性の方が、
「ありがとう、でも、地下鉄は階段の上り下りが多いので
とても私たちには大変なのです・・・」

そうか、そうですよね。

バスならば、階段は1~2段ですもの・・・。

「相手の立場に立つ」ことが大事!と日ごろお話しする立場にありますが、
なんと自分の立場でしか、考えていなかったことでしょう。

もしかすると、こうして知らず知らずのうちに、

「便利」という言葉で、相手に押し付けていることがあったかもしれないと

反省しました。

 

私は、
「そうですよね・・階段は大変ですものね。
それでは、バス停は私もわかりませんので、近くで聞いてみます」

と、近くの方に聞いて確認し、バス停にお二人をご案内しました。
私もちょうど名古屋駅へ向かうところでしたから、
バスでお供させていただきました。

さて、

「相手の立場に立つ」ことは大切です。
私の立場に立って考えてくれているなと感じると、
人はうれしいものだからです。

相手の立場に立つという「言葉」を知っているだけでなく、
相手の身になって考え、どのように「行動」するか・・・

頭でわかっていても、なかなかできないものだなあと。

だからこそ大切なのですね。

 

その駅を通ると、時折思い出す、

ずいぶん時間がたってはいるものの、私には忘れられない出来事です。

 

相手の立場にたつとは、

実は、自分事として考えるということでもあるのでしょう。

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:あなたはなぜビジネスマナー講師になりたいのですか?

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること