ホスピタリティは仕事への誇りとつながっている

子供たちがまだ小学生の頃の話。もう10年ほど前です。

でも今でもその光景が鮮明に残っています。

夕食の焼き肉店でのこと。お気に入りのお店です(チェーン店)

 

焼き肉が進み、

時折イケメンのお兄さんが声をかけてくださいます。

 

「お皿を取り換えましょうか」

「網を取り換えましょうか」

と。

 

網を取り換えていただくことになりました。

 

網の上には、まだ焼きかけのお肉が5~6枚。

古い網をトングでつかんで、新しい網をおく。

その網に焼きかけのお肉を戻してくださいます。

 

私は、

その様子に、目を奪われてしました。

 

それはそれは、丁寧に、丁寧に

1枚1枚戻してくださるのです。

 

「焼き肉マイスター」の彼が立ち去った後、

当時小学4年生の娘が私にこんな風に言いました。

 

「あのお兄さんのお肉の戻し方、やさしかったね。」

「そうね、ほんと、やさしかった」

 

子供は見ていますね。

「丁寧だね」と言わず、「やさしかったね」と。

 

お肉を通して、私たちを、私たち家族の大切な時間を

大切にしてもらったと感じたのでしょうか。

 

その一つの仕事を見れば、

彼がどんなに仕事に誇りを持ち、

そしてお客様を大切に思っているか、

言葉がなくても伝わってきます。

 

心もおなかも満たされたひと時でした。

今でも大切な思い出です。

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法をわかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:あなたはなぜビジネスマナー講師になりたいのですか?

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること