経営者のマナー【経営者の言葉遣いが変わると社員の言葉遣いも変わる】

女性経営者のためのエレガントマナーレッスン IN名古屋 第2期。

 

わかっているけれど行動できていない。
そんな時は、背中を押してくれるきっかけがほしいものです。

そんなきっかけになればと、女性経営者の皆様の背中をそっと押して差し上げるために開講しております。

 

第2期を修了なさった、IT関連の仕事をなさっている方が、
2回目のレッスン後にこんな感想を送ってくださいました。

第2回のレッスンは「言葉遣い」について。
敬語はもちろん、ビジネスにふさわしい言葉遣い、
そして、女性としてエレガントに振る舞える、

ちょっとした気遣いを「言葉」の切り口から学びます。

***N さんの感想 抜粋にて

今回は、敬語についてのレッスンでしたが、
言葉遣いについては、やはり自己流の部分がありましたので、
基礎を学ぶことができてよかったです。

わたし、承知しました はよく使うのですが、

・わたくし
・かしこまりました

としたほうが、あたりが柔らかいような気がしまして、
レッスン後、意識して使っています。

クッション言葉については、
大変お手数をおかけいたしますが、よろしければ、
くらいしか使っていませんでしたので、
今後バリエーションとして、
あいにく、お差し支えなければ、ご多用とは存じますが、念のため、
などを使ってみようと思います。

第3回は会食のマナーレッスン&会食(実践レッスン)ということで、とても楽しみです。
よろしくお願いします。

**** ここまで

Nさん、ありがとうございます。

学んだことを実践なさっているご様子が伝わってきました。
自分の出来ることをひとつずつ行動してみると、
自分の心持ちだけでなく、周りの反応が変わってきます。

自分次第なのです。

この方は、第1回のレッスンにいらっしゃったとき、
第2子出産後、それほど時間がたっていなかったと、後から知りました。

少しお疲れかな?というのが最初の印象でしたが、
第1回レッスンで、第一印象の重要性と好印象にするためのポイントを学び、
1ヵ月後の第2回のレッスンまでに、しっかり実践してきてくださいました。

第2子ご出産後で、人と会うことが知らず知らず最小限になっていたり、
今は仕方が無い、とあきらめている部分があったりのご様子でしたが、
少しだけ刺激を注入!
背中を押して差し上げることが出来たかな?
すぐに実践なさるのはさすが経営者ですね!

自分が疲れていたり、後ろ向きでは、

それでは良い仕事、お客様にお喜んでいただくこともできないはず。

今はきっと笑顔で毎日をお過ごしでしょう。

さて、あなたの背中を押してくれるコト、押してくれる人はだれですか?

会社では、社員の皆様の背中を押してさしあげている経営者の皆様は、
ご自身の背中を押してくれるコト、押してくれる人が大切です。

それも笑顔で毎日を過ごし、素敵な仕事をなさるコツです。

 

 

同じように女性経営者として日々仕事をなさっている皆様とともに学ぶ機会は

それだけで、さまざまな刺激があります。

背中を押してもらいにいらっしゃいませんか?

 

※本記事は、以前開催したエレガントマナーレッスンのについての記事を

加筆修正してお届けいたしました。

 

自分のマナー、これでいいの?と思っていらっしゃる方、

もっと自然にエレガントな立ち居振る舞いがしたい、

丁寧な言葉づかい、ご挨拶や名刺交換など、迷わずできるようになりたい、

どんな場所でも堂々とした態度でふるまえるようになりたい、

という女性経営者の方は、ぜひお越しください。

 

時折、お問い合わせいただいておりましたが、今年、久しぶりに開講いたします。

詳細は以下をご確認ください。

女性経営者のためのエレガントマナーレッスン 名古屋第3期

 

 

 

 

 

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:私がビジネスマナー講師になりたいと思った理由

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること