答えが引き出しやすい問いかけ

以前のことですが、ある日、こんなことがありました。
家族の薬をいただきに処方箋を持って出かけた薬局でのお話です。

塗り薬が前回から別のものに変わっていて、
今回もその薬が継続してだされていました。

他の薬とともに、説明を受けていたときのことです。

薬剤師さん「こちらのお薬は、うまく使えましたか?」

三厨の心の声
「え??
とりあえず、言われたとおり使ってきたんだけど、
なにか問題あったかな~
やり方、まちがったのかしら??
それとも、そんなに使いにくいお薬だったっけ???」
(ふあ~~~ん・・・・)

三厨 「すみません、ちゃんと使っているつもりですが、
うまく使えていないっていうのは、
どういう使い方なんでしょうか?」

薬剤師さん「えっと、あの~・・・わかりませんが・・・」

三厨 「はあ・・・」

三厨の心の声
「う~~~ん??
私はもっとわからないけど・・・」

というやりとりがあったのです。

でも、その薬剤師さん、フォローはよかったですよ。
少し間があったのち、

薬剤師さん「えっと、かぶれたりはしなかったですか?」

三厨 「はい、大丈夫でした。
使った後、一時的に血行が良くなるようでかゆみがでるようですが
そのことも、先生からキチンとお聞きしていますので。
ありがとうございます。」

薬剤師さん「そうですか!それでは大丈夫ですね!」

三厨の心の声
「よかった~、間違ってなかったんだ~
でも、それならそうと言ってくれないと、ちょっとびっくりしたな~」

と、こんなやりとりだったのです。

このやりとりから、あなたは、どんなことをお感じになりましたか?

私は、教えていただいた通りに使っていたつもりなので、
「うまく使えているかどうか」
と問われると、「何かうまく使う方法があったのか??」
と思ってしまい、急に不安になりました。

この場合、薬剤師さんが聞きたいことは、
その薬を使ったことによる、副作用などの不具合だったわけですから、
「うまく使えていますか?」
という問いかけでは、その答えは引き出しにくかったかもしれません。

また、患者(や、その家族)にとっては、
専門知識がなく、わからない状態なのですから、
言われたとおりにすることが「正しいこと」と思っているでしょう。

「うまく使えたか」と問われると、他にもっとよい方法があったのかと、
誤解してしまいます。

患者に問うことではないのだろうと思います。

きっと、薬剤師さんは、困っていることや不具合はないのだろうかと
親切にお聞きくださったのでしょうが、
使う言葉一つによって、その親切心がまったく役に立たないことにもなりかねません。

それでは、残念ですね。

引き出したい答えが引き出しやすいように問いかけること

それが大切だろうと思います。

また、プロがお客様にお尋ねする場合は、
漠然とした質問でも、お客様にお答えいただけることなのか、
答えやすいように質問を絞って問いかけたほうがよいのか
見極めて投げかけることが大切なのだろうと考えます。

以前にブログやメルマガで書いたことがありますが、
「こちら、どうなさいますか?」と問われるだけでは、
お客様(素人)には答えようがない、というお話をさせていただいたと思います。

お客様が選択しやすいように情報提供するのがプロ。

今回の出来事は、私の中では、これに似ている印象があります。

サービスはお客様が選択するものではありますが、
選択しやすいように、情報提供すること
必要に応じて、情報を絞り込んで提供すること、など
そんなこともできるプロ意識やスキルが必要なのでしょう。

答えが引き出しやすい問いかけができるスキルを
しっかり身に着けていきましょう。

人材の能力や適性、個人の全体像を知って、採用のミスマッチをなくしたい方へ

●採用試験がうまく機能していなくてお困りの採用人事担当者の方
●クライアントをより理解したい心理カウンセラー・キャリアカウンセラーの方
●受講生、生徒をより深く理解し、指導をしたい講師・教師の方
●自己成長したい方

適切な採用や人員配置、個別指導を行うために必要なのは、人材の能力や適性、個人の全体像(トータル・パーソナリティ)を正確に把握すること。

ですが、ペーパーテストや面接だけでは、なかなか人の能力、性格の奥深いところまで見ぬくことは難しいのです。

この問題を解決するのが、今回、紹介するSCT(Sentence Completion Test 文章完成法テスト)。
既存のテストではなかなか見抜けなかった人物特性が見えると評判です。

SCTにご興味がある方はこちらから

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:私がビジネスマナー講師になりたいと思った理由

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること