全体最適な行動を身につけさせるためには

研修の中でよく使う教育ゲームがあります。

とてもよくできていて、受講対象が変わっても、
それぞれの問題点が浮き彫りになります。

過去、プロジェクトマネジメントの仕事を中心になさってきた方々に、
さらに公開講座にて、様々な企業の女性リーダー
(リーダーとして期待されている方も含む)に
同じゲームを体験していただく機会がありました。

おもしろいなと思うのは、

日々の仕事への取り組みが、そのままゲームでの動きに現れる

ということです。

前者の皆さんは、プロジェクトごとにチームを組みますから、
与えられたメンバーで最高のパフォーマンスをするには
どうしたらよいかという視点に立って仕事をなさる習慣が身についていて、
ゲームへの取り組みも、同じようになさいます。

後者の皆さんは、
リーダーとして期待されている、もしくは、リーダー的立場にはいますが、
まだ、リーダーとしてどのように動いたらよいのか実感がないのでしょう。

一見、チームをくんでゲームをしているようには見えますが、
動きは自分の手元を見ていることが多くなります。

「チームワークをしているように見えて、個人ワークでしかない」

自分の範囲で仕事を完結するための情報収集に徹してしまうのです。

もちろん、前者と後者とでは経験の度合いは違います。

しかし、後者の皆さんがこのままの動きを続けていっても、
リーダーとして「全体最適」な動きができるようになるとは思えません。

やり方がうまくいっていない状態でいくら継続しても
うまくいくようにはならない

からです。

経営者、上長のあなたは、
リーダーとして期待している人の動きを観察してみてください。

「リーダーとして、期待しているよ」
と言われたものの、与えられた役割にとまどっている人も多いのです。

経験を積ませることは大切。
しかし、方向性を示し、
その人の個性や得手・不得手を把握した上で経験を積ませなければ、
財産にはならないのです。

みんな、役に立ちたいという想いはある。
リーダーとして、がんばりたいという気持ちもある。

しかし、気持ちだけがからまわりして、うまくいかなくなることが多いのも事実。

うまくいかないことが続けば、気持ちは萎えてきます。
それでは残念!

経営者や上長のアプローチ次第で
リーダーになれる資質が、伸ばされることもあれば、
そうでないこともあると、忘れないようにしたいものです。
 

人材の能力や適性、個人の全体像を知って、採用のミスマッチをなくしたい方へ

●採用試験がうまく機能していなくてお困りの採用人事担当者の方
●クライアントをより理解したい心理カウンセラー・キャリアカウンセラーの方
●受講生、生徒をより深く理解し、指導をしたい講師・教師の方
●自己成長したい方

適切な採用や人員配置、個別指導を行うために必要なのは、人材の能力や適性、個人の全体像(トータル・パーソナリティ)を正確に把握すること。

ですが、ペーパーテストや面接だけでは、なかなか人の能力、性格の奥深いところまで見ぬくことは難しいのです。

この問題を解決するのが、今回、紹介するSCT(Sentence Completion Test 文章完成法テスト)。
既存のテストではなかなか見抜けなかった人物特性が見えると評判です。

SCTにご興味がある方はこちらから

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:私がビジネスマナー講師になりたいと思った理由

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること