職場の文化・風土が人を育てる

ある製造現場でのお話です。

新入社員のAさんが配属されて1か月ぐらいたった時のこと。

ある部品の確認作業を任されて、ひとつづつ、チェックしていました。

ところが、途中から少し気が緩んだのか、
チェックに身が入らなくなったのです。

ふだんならばひとつずつ丁寧に確認できるのに、
だいじょうぶだろうと、やや流れに任せてしまうように、
後工程に送っていったのです。

Aさんは途中でふと我にかえり、
これではいけない、迷惑がかかる、と、
グループのリーダーに報告に行きました。

叱られるのを覚悟で。

てっきり叱られる!と思っていたAさん。

ところが、グループリーダーから出た言葉は、
まったくAさんが予想もしていない言葉だったのです。

どんな言葉が出てきたと思いますか?

「報告してくれてありがとう。
ミスを教えてくれてありがとう」

です。

そのあと、すべてのラインを止めて点検。

それは、Aさんが考えていたより、ずっと大変な点検でした。

でも、問題の解決に向かって、全員が全力で取り組む、
自分が入社した会社の仕事への取り組みの姿勢を、
Aさんは自分のミスによって目の当たりにしたのです。

入社1か月のAさん。
それからの取り組みが変わったことは、言うまでもありません。

さて、あなたがこのグループリーダーだったら、
あなたは、「ありがとう」と言えたでしょうか?

あるいは、
ありがとうとは言えなくても、そう思えたでしょうか?

ミスを報告できる、わからないことを臆せず聞ける、
この職場風土は、会社が伝統として大切に培ってきたもの。

素晴らしいと思います。
こうした環境で人が育つのですね。

・・・そんなご講演をお聞きしました。

愛知県の誰もが知っている某会社の、人材育成の課長さんのお話です。

職場の文化を作る取り組みのお手伝いをさせていただく私にも
とても勉強になりました。

そして今、この伝統を次世代にも残していこうと、
大がかりなプロジェクトで取り組んでいらっしゃいます。

この取り組みなど、もっとお伝えしたいこともありましたが、
ブログでご紹介してもいいか、
お尋ねするのを失念していしまいました。。。(反省)

いつか、ご了解が得られたら、またお知らせします。

あなたの会社は、ミスを隠さなければならないような、
職場風土になっていませんか?

一度振り返ってみてくださいね。
 

人材の能力や適性、個人の全体像を知って、採用のミスマッチをなくしたい方へ

●採用試験がうまく機能していなくてお困りの採用人事担当者の方
●クライアントをより理解したい心理カウンセラー・キャリアカウンセラーの方
●受講生、生徒をより深く理解し、指導をしたい講師・教師の方
●自己成長したい方

適切な採用や人員配置、個別指導を行うために必要なのは、人材の能力や適性、個人の全体像(トータル・パーソナリティ)を正確に把握すること。

ですが、ペーパーテストや面接だけでは、なかなか人の能力、性格の奥深いところまで見ぬくことは難しいのです。

この問題を解決するのが、今回、紹介するSCT(Sentence Completion Test 文章完成法テスト)。
既存のテストではなかなか見抜けなかった人物特性が見えると評判です。

SCTにご興味がある方はこちらから

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:私がビジネスマナー講師になりたいと思った理由

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること