ホスピタリティとビジネスマナーの関係

毎月1回、1年間「伝わる応対マナー」という連載を寄稿させていただいた中から

第1回の寄稿の一部をご紹介します。

***

ー その気持ちをカタチに ー

「こころ」は
だれにも見えないけれど
「こころづかい」は見える

「思い」は
見えないけれど
「思いやり」はだれにでも見える
宮澤章二『行為の意味』より

「あれ?どこかで聞いた詩だな?」と思われたことでしょう。

2011年3月、日本は未曾有の災害に見舞われました。
この詩は、その後しばらくの間、公益社団法人ACジャパンの広告として、
私たちが何度も目にしたものです。

「心や思い」は「カタチ」にはならないので、他人には見えにくいものです。

だからといって、「何も考えていない」「何も思っていない」というわけではなく、
「誰かの役に立ちたい」「お客様に喜んでいただきたい」という気持ちは
誰もが持っています。

しかし、持っているにもかかわらず、
何かの不具合で相手に伝わっていないということなのです。

ACジャパンのこの広告の、最後に流れるテロップは
「その気持ちをカタチに」
でした。

気持ちがあっても伝わらなければ、相手にとっては存在しないことと同じ。
気持ちを見えるカタチにすることが大切ということでしょう。

***以上一部抜粋

感じないのではない、そういう気持ちがないのではない、
どう表現したらよいのかわからない人も多い、
と、研修の現場で目の当たりにすることが多いものです。

みんなが気持ちをカタチに、素直にできるようになったらステキですね。

残念なのは、
気持ちがあるのに、どのように表現したらよいかわからないこと。

ビジネスマナーはその気持ちを相手に伝えるときに
カタチにできるステキな道具だと思います。

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法を
わかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、
社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:私がビジネスマナー講師になりたいと思った理由

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること