挨拶の落とし穴

「挨拶」には、「自分の心を開いて相手の心にせまる」という意味があり、
「先手必勝」自分から先に言うことが大切と言われています。

ところが、わかっているのに、時々知らず知らずのうちに
落とし穴にはまることがあるのです。

それは・・・

たとえば、会社にお客様がいらっしゃると
「いらっしゃいませ」とか「こんにちは」とお迎えしますが、
一瞬、「この人だれかな?」とか「この人何の用かな?」と
考えることはありませんか?

ほんの一瞬のことなのですが、こうして考えてしまうと、
挨拶の言葉が出遅れてしまいます。

さらに、「この人、だれ?」って考えていることが正直に顔に出てしまい、
お客様を不愉快にさせてしまうことにもなるのです。
値踏みされているようですものね。

「この人、誰?何の用なの?」と考えてみたところで、答えはわかりません。

ですから、
「考える前に挨拶!」
これを心に刻んでくださいね。

接客業・小売業のように、不特定多数のお客様が
当たり前に出入りなさる組織では、
こういったことはあまりおきません。

しかし、「BtoB」と言われる、「会社対会社」の
お取引が多い組織では、陥りがちな落とし穴です。

挨拶は人間関係の第一歩。
ビジネスの入り口でもあります。

あなたも、そして、あなたの会社の社員さんも、
「落とし穴」に落ちないでくださいね!

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法を
わかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、
社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:私がビジネスマナー講師になりたいと思った理由

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること