正しいと思っている言葉遣いが、実は?!

言葉遣いのお話です。

ずいぶん前のお話ですが、日本経済新聞に、
「職場の日本語 基本のキ」という記事が掲載されました。

その中から「そうそう!!」と私も感じている、
間違いやすいものを、ご紹介していきましょう。

■「お休みをいただいております」

使いがちです。

これは、休みを与えた自社の上司を高めてしまい、相手に失礼にあたる、
という解説です。

この場合は「休んでおります」とか「休暇中でございます」がよいとのこと。

■「お名前を頂戴してもよろしいですか」

これも、時々あります。

「名刺を頂戴する」と混同しているようです。
「お名前をお聞かせいただけませんでしょうか」がよいでしょう。
「お名前様、頂戴できますか?」っていわれるとぎょ!っとします(笑)

■「おっしゃられる」

これは二重敬語で、間違いです。
「おっしゃる」が正解です。

ですから「○○さんがおっしゃられたように」は間違い。
「○○さんがおっしゃったように」という表現でOKです。

いかがですか?

まだまだありそうです。

思わず赤面!なんて方もいらっしゃるでしょう。
うっかり使っている方は、気を付けてくださいね。

残念ですが、だれも、あなたの言葉を注意してはくれません。

時々、自分を振り返るって大切です。

さて、あなたの日本語はだいじょうぶですか?

電話応対やお客様への応対に自信がない方は、DVD教材で勉強するという方法もありますね。
弊社監修・販売のDVD教材【言葉遣い編】【電話応対編】は、
社員教育や研修後のスキルの定着、自宅などでの復習用としても活用でき、わかりやすいと好評です。

【DVD監修・出演】
有限会社 キャリア・サポート代表取締役
三厨 万妃江

【言葉遣い編】DVDの詳細はこちらから
【電話応対編】DVDの詳細はこちらから

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:私がビジネスマナー講師になりたいと思った理由

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること