ホスピタリティと小さな思いやり

ホスピタリティとは何か?と聞かれた時、
私は「相手を思いやる心遣い」とこたえています。

そんなにおおげさなことでなくても

ちょっとした心遣いを「するかしないか」

 

自分が見ていた書類を相手に渡すときに、
相手が見やすいように向きを変えて渡してみる

渡すときに、右手だけでなく、
書類に左手も添えてみる

ドアを押して向こう側にいくときに、
後ろに続く人がいないか振り返ってみる

後ろに続く人がいたら、その人が通るまで、
ドアを押したままにしてみる

エレベーターを降りるとき、

「開く」のボタンを押してくださっている人に会釈してから降りてみる

会釈だけでなく「ありがとうございます」と添えてみる

「ありがとうございます」に笑顔も添えてみる

「お名前を書いてください」といえば事足りるところを、
「恐れ入りますが、お名前をお書きいただけますか」
といってみる

「そちらにすわってください」というところで、
「よろしければ、そちらにおかけください」といってみる

どれも、やってもやらなくてもいいし、

言っても言わなくても、意味が通じます。

しかし、やったらやった分だけ、
言ったら言った分だけ、
相手の笑顔を見ることができるような気がしませんか。

そうすると、自分も笑顔になれますよね!

一言添えてみる。
ひと手間かけてみる。

そんなに大変なことでも時間がかかることでもないけれど、
その後の気持ちは月とすっぽん!ぐらい

変わります。

便利になった時代だからこそ、ひと手間かけてみる。
手間をかけることこそ、思いやり。
なぜはらば、その瞬間、相手のことを確実に考えていますから。

あなたの行動をちょっと想像してみてくださいね。

きっと、手間をかける瞬間があるはず。
ぜひ、そんな瞬間を楽しんでください。

ホスピタリティってなにも難しいことではないのです。

ほんのちょっと「相手を思いやる気持ち」があれば、
どんな方にも実践していただけることなのです。

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法を
わかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、
社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:私がビジネスマナー講師になりたいと思った理由

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること