記念切手から思う自分の仕事のとらえ方

こんにちは。

ビジネスパーソン必須の『大人のマナー』著者
三厨 万妃江です。


お手紙やお葉書をお出しする時用に、

80円と50円の記念切手をよく購入します。


季節感のあるものと、

そうでない汎用性の高いものを

準備しています。


ですから、郵便局に行くと必ず
「記念切手、どんなものがありますか?」

と、お聞きします。

割といつもあるのが各地のお花の柄のシート。

そのたびごとに聞いていました、私。

「このお花が咲く時期って、いつごろでしたっけ?」

お恥ずかしいんですが、

咲く時期がわからない花の図柄が時々あります。


梅と紅葉と桜が一緒のシートだったりします。

このあたりはわかるのですが、

時々わからないお花が・・・


その時期や、その前後に咲く花を集めたシートが

発行されるわけじゃないんですね。


こちらは愛知県のお花のシート。


大人のマナー著者が明かす!実績20年の社員教育方法-201001141143000.jpg


ま、確かに、桜の花のシートを1シート買ったら、

ずいぶん焦って?!手紙を出さなければなりませんけど(笑)

だから季節がばらばらなのはそれでもいいですよね。


ただ、今お出しするための切手がほしい時、

こうしてお尋ねすることが多いのですが、

たいてい、「さあ・・わからないです。申し訳ございません」

と、言われてしまいます。

ちょっと残念。


自分で調べたら!って言われそうですね(笑)


もちろん、自分でも調べるようにしていますが、


「その場」で、必要な枚数を把握するために、

そのお花が今、若しくはちょっと先に咲く花なのか、

知りたいときあるんですもの!


結局わからないと、

やめてしまったり、季節感とは関係ないもので

揃えたりします。


それも残念。


このお花は○○の季節に咲くのですよ」って

教えてくださる郵便局の窓口の人がいるといいな~

って、思っています。


さて。


これ、自分の仕事は何を届けることなのかってお話にも

通じるのではないかと思います。


その時郵便局の窓口で記念切手をはさんで

少し会話ができたら、それに後押しされて、

手紙書いてみよっかな!って思うこともあるのはないでしょうか。

あるいは、じゃあ、これも買っちゃおうかな、って。


手紙は、まさに相手と会話すること。

だとしたら、そのツールである切手を販売している方には、

会話をとどけるためのちょっとした後押しをする役割をしていただけると

うれしいな、って思っています。


思わず買っちゃってどうすんの~って、残っている切手って

ありますけど、実はその瞬間に「思い」ってあるものです。



大人のマナー著者が明かす!実績20年の社員教育方法-201001141143001.jpg

こちらを思わず買ってしまったのは、出張先です。

息子が好きなんです、ドラえもん。

だからつい(笑)


でも、どなたに張って出すやら(笑)

そうこうしているうちに、息子も大きくなってしまいました(笑)


大人のマナー著者が明かす!実績20年の社員教育方法-201001141142001.jpg

こちらは「かわいい!」と心の中で叫んで買いました。

これも確かに仕事では使えないけれど、

使用済みの跡が見えますから、

あなたのところへ行ったのでしたら、

かなり選ばれたあなた!です(笑)

切手をはる瞬間に、

相手の顔を思い浮かべますものね。

って意味では、こちらの切手はずっとのこってしまいそうですわ~


大人のマナー著者が明かす!実績20年の社員教育方法-201001141131000.jpg

立派な方の切手ですが、ちょっと・・・(笑)

こんな風にお顔を思い出しながら

お手紙を書き、切手を選ぶ。

これもホスピタリティかなあ、なんて思うわけです。

楽しみながらおたよりしたいです。



!! 講演・研修・執筆のご依頼・お問い合わせは、

下記へお願いいたします。(平日9~17時)


電話 052-264-0955


手紙 HPお問い合わせ  




いつか、「

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:私がビジネスマナー講師になりたいと思った理由

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること

One thought on “記念切手から思う自分の仕事のとらえ方

  1. 僕は切手を昔から集めていたので、
    切手にはこだわりがあります。
    手紙をもらったとき、
    よくある鳥の小さな80円切手でもらうより、
    季節感があったり、
    その時期のイベントの切手が貼ってあると
    僕はうれしいですよ☆

この投稿はコメントできません。