ビジネスマナー。電話での勧誘に心が動く話術とは?

自宅に私宛ての電話。

以前、子供のものを購入した通販会社からです。

キャンペーンで化粧品をお勧めくださるとのことでした。

 

「1~2分よろしいですか?」

といわれたので、はいどうぞと。

 

その後、

その商品の効能や、今回限りの特典プレゼント、

なおかつ、この電話で注文した人だけの値引き、と、

立て板に水?!のごとく、お話しくださいます。

 

私は、ときどき、「はい」というだけ。

(口をはさむひまがない。。。笑)

 

途中から、いったい、いくらの商品なのかな~と、

金額の想像をしておりました。

 

たくさん、メリットを教えていただきましたので、

お値打ち感はありましたが、

心はあまり動きませんでした。

 

唯一心が動いたのは、最後のほうにおっしゃった、

「私、52歳ですけど、

 夜12時頃塗ると、翌日のお昼ごろまで、

 お肌がすべすべなんですよ」

という言葉!

 

それをもっと早くいってくれたほうが

私の心は動いたかも?笑

 

きっとその言葉から「会話」が始まったのだと思うのです。

そうすれば、購入したかもしれません。

 

私にとっての「メリット」が早く出てくれば気持ちが動いたと思います。

残念ですが、購入はしませんでした。

 

電話時間は7分弱。

最初に1~2分っておっしゃったので、

途中から長いな~って思ってしまいました。


さて、

お客様にとってのメリットをお伝えする時、

やはり「お客様の声」が強いということは、

あなたもご存じのはずです。

 

 

もしも今回の電話、

先に係りの方が、ご自分の「使用感」をおっしゃっていたら、

私の心が動いてから、商品の説明に入る、

という組み立てができ、

結果は違ったかもしれないと思います。

 

研修で、接客のロールプレイングの実習をしているときに、

こういった場面にはよく遭遇します。

 

必要なことは言っているのだけれど、

話す順番が違うために、

相手に伝わらない

 

というものです。

 

 

クレームなどもそうです。

一見謝罪をしているようだけれど、

謝罪のタイミングが遅すぎて、

相手は謝罪だと感じられない。

 

あなたは大丈夫ですか?

あなたの、会社のスタッフの皆さんの接客は大丈夫ですか?

 

言葉は組み立て一つで、

伝わりやすくもなり、

また、クレームになってしまうこともあります。

一番伝わりやすい言葉を選び、

話す順番も決め、その通りできるまで練習し、

お客様応対に臨むことが大切です。

 

そして、結果を振り返り、うまくいかないところは、改善する。

やりっぱなしでは、いつまでたっても成果がでないので、それは、残念なことです。

それを、仕組み化しましょう。

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法をわかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

 

 

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:私がビジネスマナー講師になりたいと思った理由

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること