毎日使う言葉を前向きな言葉に変えるとビジネスマナーは向上する

友人から教えてもらったことです。

***ここから

【改める】

ある予約中心のサービス系企業で、
当日ご来店のお客様の社内での呼び方を
“ラッキーさん”に変えたそうです。

そのご来店がお客様とスタッフにとってはもちろんのこと、
お客様にとってもタイミングよく希望をかなえられたことで、
関わる皆が “ラッキー”になるからだそうです。

以前の呼び方は“飛び込み”・・・。

同じく、お客様のご希望の日時に沿えず、予約不成立時のお客様の呼び方は
“非得客”(造語)に変えたそうです。

お得意様になっていただけたかもしれなかったのに
なしえなかったお客様への非礼とお店側の非力さを
表しているそうです。

以前は、“失客”・・・。

たった2~3文字の変更がスタッフ全員の
「アンラッキーさん、非得客をゼロにする」というベクトルになり、
部門業績の向上に寄与しているとのこと。

魂と意義が入ってる言葉が本当の“販売促進策”なのかもしれませんね。

明るく積極的な言葉に囲まれて、元気に過ごしましょう。

***ここまで

言葉を変えるだけで、人の動きが変わってくる。

本当にその通りだと思います。

「飛び込み」では、お客様を大切にしている感じが
伝わってこないし、結局、大切にする行動はできない。

誰かを大切にする気持ちが伝わりやすい言葉を
使っていくことを習慣にしたいものです。

特に、たくさん使う言葉ほど大切に。

 

【温かい気持ちに似合う言葉がある】

今日は、改めてそんなことを思いました。

温かい気持ちを、温かい言葉で、伝え続けていきたいですね。

 

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法をわかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

 

 

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:私がビジネスマナー講師になりたいと思った理由

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること