採用がうまくいっていないのなら方法を変える

弊社では企業の採用活動のコンサルティングを行なっております。

人材育成の入口である採用のつまづきは、

経営者が思っているよりのちのち、大変なことだからです。

 

私は常々、

「採用のミスマッチは、教育で取り返すのは、なかなか難しい」

と申し上げています。

 

もちろん、人材育成が仕事ですから、

教育で、求められるレベルにすることは、

サポートします。

 

しかし、ミスマッチを取り返す教育なのか?

生産性や成長をさらに促す教育なのか?

と考えたら、答えは明らかです。

企業は、教育機関ではありませんものね。

 

このところ、

「三厨さんがおっしゃった、採用のミスマッチは、

教育では取り返しにくいの言葉が、身にしみます」

とご連絡いただくことが多いです。

 

頭でわかっていても、うまくいかないと、

やっと、実感なさるようです。

 

採用のミスマッチは、双方の不幸です。

安易に企業が採用しなかったら、

もっとその人にマッチした仕事に、

めぐりあえたのかもしれません。

 

しかし、採用した側は、

「誰だ〜!○○さんを、採用したのは〜!」

って、叫んでいませんか?

 

双方の不幸です。

 

採用活動がうまくいっていないなら、

やはり、やり方を変えた方が良いと思います。

縁あって入社した人は、

責任を持って、育成していただきたいからです。

 

そんな風に考えて、

弊社では、採用コンサルティングを行なっています。

採用するかどうかの見極めは、

弊社が心からオススメする

SCTという投影法の心理テストを

使っていただいております。

お役にたてましたら、幸いです。

 

SCTについては、以下をご覧ください。

 

 

採用試験時に使える「適性検査」SCT(文章完成法テスト)

採用でお困りの経営者、人事担当者の方、採用試験がうまく機能しなくてお困りの経営者の方へ

・面接での判断と実際に採用した時のギャップに悩んでいる

・中小企業なので採用に失敗したくない

・できるだけいい人をとりたい

・お客様や職場の仲間とトラブルを起こしそうな人の採用は避けたい

と思ったことはありますか?

職業柄、よく採用について相談されますが、私が自信をもってお薦めしているのが、採用時の失敗を減らす適性検査「SCT」です。