身だしなみの基準は明文化してありますか?

あるクリニックにて。

患者様からのアンケートで、

スタッフの髪型に清潔感が感じられない、

というご意見をいただきました。

 

院長先生がそのことをスタッフに伝えたところ、

スタッフの皆さんは、特に悪いとは思っていないようです。

 

また、実際は、ご指摘を受けるほどかどうか、微妙なところでした。

厳しい目をお持ちの方だと、ご指摘いただくかも?

それほど気にならないと思われる方も、中にはいらっしゃるかも?・・・というところ。

 

とすると、ご指摘をいただいた段階で、

クリニックが定める、「基準通りか」確認する必要があります。

 

そうすれば、スタッフに確認することなく、

院長先生の判断で、スタッフにご指摘いただいたことを伝え、注意を促すか、

改善のための指導するか、次の行動が決まります。

 

基準が「常識の範囲」というようなあいまいななものだと

個人の価値観が基準となってしまい、うまくいきません。

 

ご指摘を受けた時に、基準通りかな?と院長先生が確認できるように

基準をあらかじめ作り、明文化なさってください。

できるだけ、具体的に。

誰がみても、その基準通りになるように。

 

さて、

相手がどのように感じるかがマナーの基本

です。

 

しかし、その前に、自クリニックとして、

どこに基準を置いて、患者様に向き合うか、明確にしておく必要がありますね。

 

 

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法をわかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

 

社内インストラクター制度体験セミナー&無料説明会

ビジネスマナー教育が場当たり的になっていたり、
重要だとわかってはいても、後回しにしたりしていませんか?

ビジネスマナー教育に必要なのは、継続して学べる環境と仕組みです。

社員が社員を教える仕組みをつくる
ビジネスマナーの
社内インストラクター制度体験セミナー&説明会は

2019年7月30日(火)に開催、参加費は無料です