ホスピタリティ  「して差し上げたい」気持ちを行動に移すことが大切

ホスピタリティと聞いてどんなイメージを持たれるでしょうか。

 

地下鉄に乗ろうとした時のこと。
2歳くらいの男の子とそのお母さんが、階段を下りていたんです。

私の少し前を。

 

お母さんは、ベビーカーと荷物で両手がいっぱい。

男の子は、座るようにしながら、
お母さんに見守られて、階段を下りていました。

私は、その横をそっと通り過ぎました。

その直後、階段を上ってくる人の

「あ、あぶない!」という声。
振り返ると、
あの男の子がちょっと階段を落ちそうになっていたようです。

私は、階段を2,3段戻り、お母さんに声をかけました。

「お手伝いしましょうか。」

そう言ってベビーカーを持ち、下まで降りたのです。

ここまでだと、なんだか、いいことした自慢話みたいですが、そうではなく。

 

最初にその親子を見た瞬間に
「ベビーカーを持ってさしあげようかな~」という気持ちがあったのです。

でもしなかった。

私も結構重いかばんを持っていましたし、
大丈夫だろう、と思ったのです。根拠なく・・・

 

最初からそうしてあげればよかったのです。
結果として、持ってさし上げたのだから。

自分にできることをほんの少しお手伝いしようという気持ちになるのに、
何か躊躇してしまうこと、ありませんか?

何がじゃまするのでしょうか。

めんどう?

はずかしい?

かっこ悪い?

 

私の場合は、
「持ってあげたほうがいいかな~でも大丈夫だろう、ま、いいか~」
と、ほんの一瞬「気持ちの手抜き」がありました。

なんでもなく、「お手伝いしましょうか」ってすんなりできるときもあるのに。
おはずかしい話です。

「して差し上げたい」という自然な気持ちを大切にして、
それが、躊躇なく行動に移せることが大切。

心に命じた出来事です。

 

 

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法を
わかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、
社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

【無料】7日間ステップメール

ビジネスマナー講師になりたい!という方や、ビジネスマナー講師にご興味のある方は、7日間ステップメールを、ぜひご覧ください。

私、三厨万妃江が、どのようにしてビジネスマナー講師になったか、そして、あなたがこれからビジネスマナー講師になるために、どんなことが必要なのか、3日に1度、合計7通のメールをお送りします。

※7日間、連続ではありません。


1日目:私がビジネスマナー講師になりたいと思った理由

2日目:あなたは「ビジネスマナー講師」という仕事を通して何をしたいのですか?

3日目:「ビジネスマナー講師」になるために身につけなければならないこと

4日目:ビジネスマナー講師になってどんな働き方がしたいですか?

5日目:あなたにとってビジネスマナー講師になることは夢ですか?目標ですか?

6日目:ビジネスマナー講師になると決めたら、毎日実践すること

7日目:「私でも講師になれますか」というご質問に私がお答えすること